不動産持分と不動産共有の違い

不動産共有について知ろう

不動産の用語にも様々な種類がありますが、不動産共有や不動産持分という言葉も良く使われています。
そして、この言葉を同じような意味だと考えている人もいるのではないでしょうか。
まず、不動産を取得する場合は、ひとりで所有する単有と複数の人で持つ共有があります。
単有であれば、所有している人の単独名義になりますが、共有の場合は共有名義になります。
相続では土地や家屋、マンションといった不動産を受け継ぐことも珍しくありませんが、複数の相続人で平等に分けることは難しいものがあります。
遺産分割協議を早く終わらせるために不動産共有にすることは珍しくありません。
それから共有名義にした場合は、それぞれの所有権も発生しますが、その所有権を共有持分を呼びます。
それぞれの不動産持分は、相続の場合であれば法定相続分で決められることが多くなっています。
不動産を購入して不動産共有にした場合は、出資した金額に応じて不動産持分が定められます。

不動産共有のメリットとデメリットを知る


不動産共有のメリットでは、購入の場合は住宅ローン控除をローンを組んでいる人がそれぞれ利用できるので減税額が大きくなることがあげられます。
さらに、相続の場合はそれぞれの不動産持分のみが課税の対象になるので、相続税の節約につながります。
デメリットも知っておきたいところですが、共有していえる不動産を売却する場合は共有者全員の同意が必要になることです。
単独の判断では売却できないことは知っておきましょう。
全体の売却ができない場合は、自分の不動産持分のみを売ることは可能です。
この場合は、他の共有者への相談や同意も必要ありません。
新たに相続が発生した場合は、共有名義人が増えることもあります。
不動産持分を持つことは、税制面ではメリットもありますが、デメリットもあります。
将来、トラブルが発生する可能性もあるので、不動産の名義を単有にするか、共有にするのかはしっかりと考えて決めていくことが大切です。

まとめ

不動産共有をすると、それぞれの不動産持分が発生します。
税金の面では有利になることもありますが、共有名義にすると売却が難しくなることは知っておきたいところです。
自分の不動産持分だけを売ることもできますが、リスクがないかどうかもしっかりと考えておく必要があります。
新たに相続が発生することや離婚などで、複雑化することも珍しくありません。
共有名義にする場合も、安易に決めるのではなくデメリットについても調べておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。