2022年7月13日 投稿者: admin_jerriecobbfoundation

住宅ローンも支払額に応じて決まる不動産持分の割合

住宅ローンを利用する際の不動産持分に関する考え方

不動産持分は購入価格に対する支払額の割合によって決まります。
不動産価格の半分を支払った場合は不動産持分は2分の1になります。
非常に簡単な話ですが、住宅ローンを利用してマンションなどの不動産を購入した場合は少し迷ってしまうこともあります。
例えば住宅ローンを利用して夫婦でマンションを購入すれば、マンションの名義は購入時に登記されることになります。
しかし、夫婦それぞれの支払い額は未だセロという段階です。
この段階で不動産持分をどのようにして決めればいいのか考えなければいけません。
頭金は夫が全て負担したという場合なら、取りあえず夫を単独の所有者として登記しておいて住宅ローンの返済を終えた段階で、不動産持分を改めて登記する必要があるのかと迷ってしまう場合もあります。
そんな場合は不動産持分の考え方と住宅ローンの仕組みを理解すれば、支払額の割合も明確になり不動産持分の割合について迷うことが無くなります。

住宅ローンの総借入額に対する負担割合で不動産持分が決まる

不動産持分の割合は対象不動産への支払額で決まるので、不動産取得に必要な総額に対する支払額の割合を反映させるだけです。
住宅ローンを利用してマンションを購入した場合も同様です。
自分の財布から出た金額を考えるのではなく、マンションを販売している会社に支払われた額を考えれば答えは出ます。
住宅ローンが実行されれば、借入金は不動産会社に購入代金として支払われることになります。
つまり、その段階で既に支払いは終わっています。
後は金融機関に月々の返済をしていくだけです。
最終的にはその返済額が不動産取得のための支払額になるので、住宅ローンの総返済額に対する割合で不動産持分が決まります。
決済の段階で支払っていないと感じても、実際には借入金を支払いに充てているので支払いは既に終わっています。
負担割合は借入金額の割合で決まるので、それに応じて持分を決めれば問題はありません。
もちろん頭金も合算して計算することを忘れてはいけません。

まとめ

不動産持分は購入の際の支払い額が購入代金に占める割合に応じて決定されることになります。
住宅ローンを利用して不動産を購入すると決済時に支払い額が発生していないこともありますが、事実上は全て支払い済みの状態になります。
不動産持分は共有者がそれぞれ負担する借入金の金額の購入価格に対する割合によって決まります。
頭金を入れている場合は、それも計算に入れて購入価格に対する割合を計算すれば不動産持分を出すことが出来ます。